花粉症の薬の副作用は?副作用が少ない薬も紹介!

花粉症にかかる人は年々増加していて、理由は人間の体の備わっている免疫力が低下していることです。
さらに海外からこれまで日本に生息していなかった動植物が持ち込まれたことで、アレルギーを引き起こしてしまう場合もあり、厄介な問題となっています。
同時に対処法として薬の種類も増えてきて、これまでは眠気や頭痛、太りやすくなる、口が渇き胸焼けするといった副作用が起こって人によっては使えませんでしたが、今は安心して利用できるものが増えているので安心です。

花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン薬

花粉症の症状緩和に使われる主な成分は「抗ヒスタミン薬」で、アレルギーの症状を抑える効果があります。
くしゃみや鼻水などのアレルギー性鼻炎に効果的な作用を及ぼし、他にも蕁麻疹や皮膚のかゆみ、喘息などにも利用されることが多いです。
それだけに使い勝手が良いのですが、人によっては副作用が出ることもあるので注意が必要になります。
ヒスタミンは脳などの中枢神経では神経伝達物質として働き、脳の覚醒や満腹中枢を刺激します。
抗ヒスタミンはその作用、分泌を抑えてしまうために脳の覚醒を妨げて眠気につながる、満腹感を得られず何時までも食べ続けてしまい太ってしまう、そういった問題が起こってしまうわけです。
さらに副交感神経にも作用しますので、交感神経が優位になり、体が常に緊張状態を強いられてしまう場合も出てきます。
この時に副作用として口の渇きや頭痛、めまい、便秘など厄介な症状が出てくる可能性があるので気を付けてください。
違和感がある場合は服用を止める、すぐに病院に行き医師の診断を受けることが必要です。
こういった問題を受けて副作用の少ない花粉症薬も販売されるようになり、ジルテックとして販売されているセチリジン、アレグラやザイザル、アレロックなどが比較的誰でも安心して使うことができます。

副作用が少ない花粉症薬

花粉症を緩和、治療する薬には抗ヒスタミンが成分として含まれていて、副作用を引き起こす原因と言われています。
そこで最近は第2世代抗ヒスタミン薬としてセチリジンオロパタジンが登場して、使われるようになりました。
第2世代は眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇きや胸やけなどが起こりにくいのが特徴です。
製品名としてはジルテック・アレグラ・ザイザル・アレロックなどが知られていて、それぞれ成分内容や効能が少しずつ違っているので、体質や症状に合わせて選ぶことが必要になります。
医療用として使用される第2世代抗ヒスタミン薬はすべて処方箋医薬品なので、医師の診察と処方箋が必要となるので注意が必要です。

副作用が少なくても注意が必要

また第2世代といっても絶対に副作用が出ないわけではなく、人によっては起こす可能性がありますので、違和感が生じたら服用をやめて医師の診察を受けてください。
第1世代と比較すると第2世代の抗ヒスタミン薬は副作用こそ少ないですが、その分、即効性や効き目の強さでは劣るところがあります。
そのため自分の体質や必要性を考えて選ぶことが必要になり、車の運転をする人は眠くなりにくいものを選ぶと安心です。
処方薬と同様の効果を持っている市販薬も販売されているので、状況によっては利用してみると役立ちます。
ポイントは眠気や集中力の低下を起こしにくい特徴があるものは、添付文書に服用前後の乗り物や機械操作についての注意が書かれていません。
こういった部分をチェックすると、安心して服用できる花粉症薬を見つけ出すことができます。
眠気や頭痛、太るといった副作用は厄介ですが、花粉症独特のくしゃみや鼻水といったものもそのままにしておくには面倒です。
上手く自分に合った薬を見つけ出すことで快適性が手に入りますので、仕事やライフスタイルを考えて選ぶようにしてください。