白身魚アレルギーと代替薬

魚介類の身には、基本としてアレルギー物質が含有されています。
ごく微量なため、多くの人々は魚介類を普通に食べられます。
またアレルギー物質が皆無な食物は現実的になく、体質によって症状が敏感に出る方と微量なためアレルギーの影響が出ない方に分けられるのです。

そのため、白身魚アレルギーを持つ人々は決して特異な存在ではありません。
特に白身の魚介類は、痛むとアレルギー物質の悪影響が強くなります。
今まで発症した事が一度も無いのになぜ、と困惑する人々もいますが、
例えば、冷蔵庫の中などに長期間放置されていた白身魚を食べてしまった事が原因かもしれません。

白身魚は正しく冷蔵すれば、精度が落ちません。
しかし、冷蔵庫にただ保管しているだけでは危険です。見た目はあまり変化していなくても、内部で成分が劣化すると、健康な方でも症状が表れます。

蕁麻疹や目の充血、まぶたが腫れてしまう、喘息、アトピーが重症化する、
背中やお腹の痛みが発生する等、魚特有の体調不良が症状として表面化します。
鯖や鰤、鯛、鰯などの魚介類はアレルギーを発症しやすいと言われています。

魚介類由来のアレルギーは完治が難しく、医薬品による対策が必要です。
一般的にはステロイド薬が推奨されますが、そのお薬の服用にはリスクがあり、使用を断る方々もいます。

そのため、最近では低リスクな抗ヒスタミン剤を代替薬として利用する医院があります。
抗ヒスタミン剤は花粉症や各種アレルギー治療にも用いられる医薬品です。
身近な医院で処方され、医薬品を出来る限り暮らしに取り入れたくない人々にも良い代替薬となります。

また白身魚がアレルゲンになっている方も缶詰や加工品なら食べられる事が多く、
専門医は出来るかぎり、白身そのものを食べない事を推奨しています。