旅行で気をつけたいアレルギーと皮膚炎

アレルギーを患っていると旅行に行くのも、周到な計画が必要です。国内には食物アレルギーの宿泊客に配慮された料理が提供されるホテルも増えています。軽度のアレルギーであれば、それほど心配しないかもしれませんが重度であるなら徹底することが必要です。楽しいはずの旅行が大変なことになりかねません。海外に行く場合はアレルギーに関する最低限の英語を覚えていきましょう。当然ながら十分な量の薬を用意していく必要があります。また国内でも海外であっても自分で料理ができるような宿泊施設に泊まるなら、自宅と同じような食事ができるので安心です。材料をそろえるのは大変かもしれませんが、思わぬ症状が出ることを避けられます。また食物アレルギー以外にも、旅行中皮膚炎が出ることがあります。それは水が変わることで引き起こされます。つまり普段生活している地域と水の質が大きく異なるために、鼻炎症状が出たり皮膚炎のような症状が見られることがあります。大抵は数日で体が慣れていくため、時間と共に症状は出なくなります。しかし場合によっては抗アレルギーの薬が必要になりますので、必ず持参していきましょう。特に海外で薬を買うことは難しいので注意が必要です。またアレルギーは疲労して体力が落ちることによっても出やすくなります。そのため過密なスケジュールを組まないようにしましょう。十分な休息を取ることにより、免疫力低下を防ぐことができます。特に時差がある場合、前半は余裕のあるスケジュールが必要です。また海外に行く場合、現地の植物に反応することもあります。花粉症であるなら、日本では花粉の時期でなくても現地で症状が出ることがあるので忘れずに薬やマスクなどを持っていきましょう。