アレルギー症状に漢方がおすすめ?

医学には東洋医学と西洋医学という2つの概念があり、どちらも医学には違いが無く、病気の治療を目的として行なわれますが、漢方には独特の考え方があり、伝統的診断法によって生薬を選び、調合により複数の効果を得ることが目的で、西洋医学で処方される薬とは異なり、即効性に欠ける部分があり、しかしながら体質的な改善を目的として、副作用の懸念が低いこともあります。
アトピー性皮膚炎などの重篤なアレルギー症状の治療で、漢方医学が行なわれますが、これは、漢方薬にて体に負担無く、体質を改善することにより治癒させることを目的とする治療で、確かに治療効果が確認されている患者さんもおられます。
ただ、アトピー性皮膚炎のように原因が特定しにくい疾病で、万が一アレルギー症状が発症した場合、痒みや発疹は酷く、咳や呼吸困難などの症状へと発展した場合、即、治療が必要となり、症状を抑えることが先決となります。
そのようなときに、西洋医学で用いられるステロイド製剤が有効となるのですが、このステロイド製剤にまつわる副作用の懸念が、漢方薬の治療を奨める要因ともなっているのです。
漢方薬は効果を得るのに時間がかかり、アレルギー発症後に直ちに薬剤を摂取しても効果が現れず、また、摂取を繰り返すことによりその効果が高まるというもので、体質改善の側面を高く持ち、同時に副作用の少ない性質があります。
ですが、漢方薬にも副作用はあり、下痢などの消化器に出る副作用が多いでしょう。
西洋医学で症状を落ち着かせ、東洋医学で体質改善を図ることが良いでしょう。
アレルギーは完治する人が少なく、西洋医学でも東洋医学でも完璧にこれを抑えることは難しいと言われています。
さらに、漢方薬で保険適用ではない場合、費用が大きくなることもあり、その点でも注意が必要となります。