花粉症と果物アレルギーの関係

果物を食べて喉や口の周りが腫れたり、イガイガしたことがありませんか?それは口腔アレルギー症候群化もしれません。口腔アレルギー症候群は症状が口やのどの周りだけに出るのが特徴で、花粉症の症状がある人に出ることがほとんどです。
果物を食べて口腔アレルギー症候群の症状が出る理由は、花粉症の原因となっている花粉に含まれているたんぱく質と同じような構造をしたたんぱく質を持つ果物を食べたときに、身体が花粉が侵入してきた、と間違えることにより、アレルギー症状が発症してしまうのです。アレルゲンとなっていう花粉の違いにより、口腔アレルギー症候群の症状が出る果物は違ってきます。
スギ・ヒノキの花粉がアレルゲンとなっている人はトマト、ブタクサやイネ科の植物の花粉がアレルゲンとなっている人は、スイカやメロン、きゅうりなどのウリ科の植物を食べると、症状が発症してしまう可能性があります。花粉症の症状がある人の全てが口腔アレルギー症候群になるわけではなく、10人~20人に1人がこのアレルギー症状を持っていると言われ、地域差や個人差、原因となるアレルゲンによる差もあります。
対処法としては薬を使用する方法があります。アレルギーによるかゆみにはジルテックで皮膚のかゆみを解消しましょう。このジルテックは皮膚のかゆみだけでなく鼻炎や花粉症にも効果があります。
他の対処法は、自分が何の花粉症なのかをしっかりと知り、どの食べ物を食べると症状が出るのかを把握するようにし、なるべく食べないようにしましょう。また、生のままでは症状が出ても、加熱してたんぱく質の構造が変化することにより症状が出にくくなるとも言われているため、どうしても食べたい場合には熱を加えてから食べる方法もあります。「たいしたことない」と甘く見ていると、喉が腫れて呼吸困難などを引き起こすアナフィラキシーショックを起こし、生死にかかわる可能性もあります。予防と対策はしっかりと行うようにしましょう。
■つらい花粉症はこの薬で乗り越えましょう
アレグラ
ザイザル